作品紹介1 《狩猟服姿のフェリペ4世》ディエゴ・ベラスケス

ディエゴ・ベラスケス 《狩猟服姿のフェリペ4世》 1632-34年 油彩、カンヴァス 189×124cm  マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

ベラスケスの主君であり、稀代の美術コレクターとしてスペイン王室に膨大な絵画コレクションを築いたフェリペ4世(1605-65年)。トーレ・デ・ラ・パラーダの「王のギャラリー」を飾っていたこの肖像では、その場にふさわしく狩猟服を身に付け、猟銃を持ち、猟犬を従えて戸外に立つ姿で表されています。狩猟は単に王族の嗜みであっただけでなく、戦争のための訓練でもあり、その腕前は統治者の軍事的責務と力量を示すものでもありました。

ベラスケスの近代性は、ここに華美な装飾や狩りの獲物などを描いていないだけでなく、像主が国王であることを示す一切の道具をも排除し、一人の男を極めて率直に、しかし威厳をもって表している点にあります。

直前の記事

最新一覧

読売新聞社の展覧会

Arrow
Arrow
Slider
ページトップへ