【兵庫展】記念コンサート② 開催!

プラド美術館展(兵庫展)では、9月17日(月・祝)14時から記念コンサートを開催します。

本コンサートでは、クラシック音楽における18世紀の民族音楽の復興など、スペインのロマン主義を演奏テーマとし、18世紀から20世紀にかけてのスペインのピアノ音楽をご紹介します。19、20世紀のスペインの作曲家がどのようにヨーロッパの音楽の潮流を取り入れたのか。フランス人作曲家モーリス・ラヴェルの感受性とリズミカルな感覚の表れた「高雅で感傷的なワルツ」の演奏により、フランスの与えた影響も伺うことができます。

本展覧会の鑑賞とあわせて、ぜひご参加ください。

 

【出演】マリア・ルス・リベラ(ピアノ)=写真=略歴

スペイン、マドリード在住。Guillermo GonzálezのもとでRoyal Conservatory of Music を卒業。

ガリシアの“Xoves Interpreters”を受賞。ラテンアメリカやヨーロッパなどで演奏を行う。現在、マドリードのConservatorio Profesional de Músicaで教鞭をとる。

 

【プログラム】

・アントニオ・ソレール作曲 「ソナタ ニ長調、ソナタ ト短調」

・マテオ・アルベニス作曲  「ソナタ ニ長調」

・エンリケ・グラナドス作曲 「スペイン舞曲より オリエンタル、アンダルーサ」

・イサーク・アルベニス作曲 「イベリアより 港、アルメリーア」

・モーリス・ラヴェル作曲  「高雅で感傷的なワルツ」

・フェデリコ・モンポウ作曲 「街はずれ」

 

※敬称略

※開場は13時30分を予定しています

基本情報

  • 開催日時

    2018年9月17日(月)14:00〜15:00

  • 会場
    • 兵庫県立美術館ギャラリー棟アトリエ1
  • 定員

    先着150名

  • 参加費

    入場無料 ※ただしプラド美術館展観覧券が必要

  • アクセス

    ・阪神岩屋駅(兵庫県立美術館前)から南に徒歩約8分

    ・JR神戸線灘駅南口から南に徒歩約10

    ・阪急神戸線王子公園駅西口から南西に徒歩約20

     ・JR三ノ宮駅南から神戸市バス(29101系統)・阪神バスにて約15分。「県立美術館前」下車すぐ

直前の記事

最新一覧

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 兵庫県立美術館 営業・広報グループ
  • TEL:078-262-0905(代)
  • FAX:078-262-0903(代)
ページトップへ