プラド美術館展 講演会①「ベラスケスとプラド美術館:運命共同体としての歩み」

①「ベラスケスとプラド美術館:運命共同体としての歩み」※同時通訳付き
講演者:ハビエル・ポルトゥス(本展監修者・プラド美術館スペイン絵画(1700年以前)部長)

ベラスケスの今日に至る名声は、プラド美術館のこれまでの発展と緊密に関連していると言えます。その逆も然りです。その関係性、歩みを紹介します。

 

※講演会のタイトル、内容等は変更となる場合があります。

基本情報

  • 開催日時

    2018年2月24日(土)14:00〜15:30 (開演の30分前からご入場いただけます(整理番号順))

  • 会場
    • 国立西洋美術館 講堂(地下2階)
  • 定員

    先着130名 (当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付)

  • 参加費

    聴講無料 (聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です)

  • アクセス

    JR上野駅(公園口出口) 徒歩1分

    京成電鉄京成上野駅  徒歩7分

    東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅  徒歩8分

    地図はこちら

直前の記事

《カルロスくん愛馬命名投票》

①マリアナちゃんの案 「 バルトロメ 」 カワイイお馬さんには、女性やこどものカワイイ絵をたくさん描いたムリーリョさんのお名前に由来するのがいいわ。 展覧会に出品されるムリーリョさんの傑作《小鳥のいる聖家族》のお子様の表

続きを読む

最新一覧

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider
ページトップへ