パブロ・ピカソ

ピカソはスペインに生まれた20世紀最大の画家のひとり。20世紀初頭にパリに出て、1904年にモンマルトルのアトリエ「洗濯船」に拠点を定めました。そこで、ギヨーム・アポリネールらと交流し、アフリカ彫刻にも関心を寄せ革新的なキュビスムを追求する端緒となりました。その後古典を意識した秩序ある画風への回帰をみせますが、本作は、新古典主義時代と呼ばれるこの時期のピカソの典型作。量感豊かな裸婦が画面一杯に描かれた、モニュメンタルな作品です。

直前の記事

アメデオ・モディリアーニ

モディリアーニはイタリア出身のエコール・ド・パリの画家、彫刻家。1914年、ポール・ギヨームに出会い、その才能を高く評価されたモディリアーニは、ギヨームからアトリエを提供されました。この頃に画家は多くの肖像画を手掛け、独

続きを読む
新着情報一覧へ戻る