(1884 リヴォルノ—1920 パリ)

Photo © RMN-Grand Palais (musée de l'Orangerie) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF
1915年頃、油彩・カンヴァス、82.0×46.0cm

モディリアーニはイタリア出身のエコール・ド・パリの画家、彫刻家。1914年、ポール・ギヨームに出会い、その才能を高く評価されたモディリアーニは、ギヨームからアトリエを提供されました。この頃に画家は多くの肖像画を手掛け、独自の画風を築きます。本作では縦長の画面の垂直軸に、卵型の頭と円錐型の長い首、それに連なる三角形の襟元がほぼ対称に描かれています。簡略した形態による安定した構図によって、静謐な画面が生み出されています。

  • イベント・講演会
  • 出品目録
  • 図録通販サイト
  • グッズ

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider