作品紹介

【作品紹介】グウェン・ジョン《裸の少女》

グウェン・ジョン《裸の少女》(展示より) 1909–10年 

 

物語から日常の場面とへヌードの主題が場面が移ると、作家とモデルの関係性も感じられるようになります。モデルが強張ったポーズをとる本作。画家は後に友人に対し、このモデルが嫌な性格であったと打ち明けています。

直前の記事

最新一覧

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider
ページトップへ