【作品紹介】ジョン・エヴァレット・ミレイ《ナイト・エラント(遍歴の騎士)》

ジョン・エヴァレット・ミレイ ≪ナイト・エラント(遍歴の騎士)≫ 1870 年 油彩/カンヴァス Tate: Presented by Sir Henr y Tate 1894, image © Tate, London 2017

 

《オフィーリア》で有名なラファエル前派の画家ジョン・エヴァレット・ミレイの作品です。発表当初は女性の裸体が生々しすぎるとの批判が噴出しました。実はこの女性の顔、当初は騎士と視線を合わせるように描かれていたのです。エロティックすぎると切り取られ、慎ましやかに顔を背ける現在の姿に描き変えられました。

直前の記事

最新一覧

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider
ページトップへ