作品紹介

【作品紹介】フレデリック・レイトン《プシュケの水浴》

フレデリック・レイトン 《プシュケの水浴》 1890年発表 油彩/カンヴァス Tate: Presented by the Trustees of the Chantrey Bequest 1890, image © Tate, London 2017

 

西洋美術では伝統的にヌードは、主に神話や歴史画など「物語」の中でのみ描くことが許されていました。19世紀後半ヴィクトリア朝時代の英国では厳しい倫理観のもと、官能性を抑え、理想化されたヌードが描かれました。この絵はクピド(キューピッド)との恋人、プシュケが水浴びをしている場面。レイトンは美しい裸体を追及するため、何人かのモデルを組合わせて、理想的なヌードをつくりあげました。

 

直前の記事

最新一覧

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider
ページトップへ