レポート

3/24 エマ・チェンバーズ学芸員 記念講演会

ヌード表現の変遷を語るエマ・チェンバーズ学芸員

 

横浜美術館のレクチャーホールで3月24日、本展監修者のテート学芸員エマ・チェンバーズ氏による記念講演会「裸とヌード 美術作品におけるヌード、その新たな位置づけ」が開かれ、多くの来場者が話に耳を傾けた。ヌード展の会場パネルや図録では語りきれなかった裸体表現の変遷や作品解説で、より深く「ヌード」の世界を紹介した。

直前の記事

最新一覧

読売新聞社の美術展

特別展「聖徳太子と法隆寺」
特別展「国宝 聖林寺十一面観音 -三輪山信仰のみほとけ」
ファッション イン ジャパン 1945-2020 —流行と社会
previous arrow
next arrow
ページトップへ