インタビュー

ヌード展ナレーター 斎賀みつきインタビュー 

 

3月某日、ヌード展の音声ガイドナレーションの収録が行なわれました。今回の音声ガイドでは、作品に秘められた背景や、作家の言葉などが紹介されています。魅惑の世界への案内人は、声優の斎賀みつきさん。収録を終えたばかりの斎賀さんにインタビューしました。

 

Q 「ヌード展」と聞いたときの感想は?

 

斎賀 画期的!と思いました。展覧会の一部としてヌード作品を観ることはあっても、それを集めてじっくり違いを見る機会は、あまりなかったのではないかなと思います。チラシを拝見したのですが、例えば男性のヌードや同性愛がテーマの作品があったり、写真や立体作品もあるみたいで、会場で見ると結構びっくりする人も多いのでは?と感じました。

事務所の割とイカツい後輩の男の子が実は美術好きだったりして、ちょうど事務所で会ったときにヌード展のチラシを見せたら「絶対に観に行きます!」と言っていました!

 

 

Q 収録を終えての感想は?

 

1枚の絵に様々な物語があって、それが時代を越えて絡まっているので、うまく皆さんに伝えることができればいいなと思い、ナレーションを読ませていただきました。

 

 

Q 気になる作品は?

 

象徴的な作品はロダンの「接吻」だったと思うんですけど、それ以外にも例えば、デイヴィッド・ボンバーグの「泥浴」のように、どう見ても「ヌード」に見えないけど、ヌード作品として扱かっている作品もあり、逆に印象に残るじゃないかなと。知っている名前の作家も含めて、興味を駆り立てられます。

 

 

Q 音声ガイドを楽しみにされている方へメッセージを

 

とても貴重な美術展の音声ガイドナレーターを担当できまして、大変光栄に思っております!ガイドを借りるお客さんが「なんじゃこれ」って思わないよう、しっかり内容が伝わるように読んでみましたので、ガイドを通して少しでも知識が増えればうれしいなと思います。是非、ガイドを聞きながら展覧会を楽しんでください!

 

展覧会チケットの購入はこちら

 

直前の記事

最新一覧

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider
ページトップへ