そのヌードには、秘密がある。

ミレイ、レイトンをはじめ、ルノワール、ドガ、マティス、ロダン、そしてピカソ、ベーコン、ホックニーまで、名だたる芸術家たちが挑み続けたテーマ、"ヌード"。西洋近現代美術の殿堂、英国・テートの誇る珠玉のコレクションで、200 年におよぶヌードの変遷をたどる展覧会です。

みどころ

テーマは「ヌード」。大理石像《接吻》が日本初公開。

ヌード─ 人間にとって最も身近といえるこのテーマに、西洋の芸術家たちは絶えず向き合い、挑み続けてきました。美の象徴として、愛の表現として、また内面を映しだす表象として、ヌードはいつの時代においても永遠のテーマとしてあり続け、ときに批判や論争の対象にもなりました。 本展は英国・テートが誇る近現代美術コレクションから「ヌード」をテーマとした絵画、彫刻、版画、写真などを紹介します。日本初公開となるロダン彫刻で"最もエロティック"な大理石像《接吻》は必見です。

MORE

Nマガ

WEB限定インタビューや作品解説を更新中!!

MORE

Information新着情報

MORE

読売新聞社の美術展

特別展「聖徳太子と法隆寺」
特別展「国宝 聖林寺十一面観音 -三輪山信仰のみほとけ」
ファッション イン ジャパン 1945-2020 —流行と社会
previous arrow
next arrow