Bunkamuraザ・ミュージアム

ただいま開催中の美術展

  • 東京都

    神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展

    15世紀半ばに大航海時代が幕をあけて以降、ヨーロッパでは領土の拡大のみならず、未知の世界探検が行われ、新たな動植物や鉱物などが発見されていく。プラハでルドルフ2世の宮廷文化が花開いた16世紀末から17世紀始めは、望遠鏡による天体観測が始まり、ガリレオ・ガリレイ(1564〜1642年)が地動説を唱えるなど、人々の宇宙への眼差しも飛躍的に広がった時代だった。本展では天体観測機器のほか、天文学や錬金術に関する貴重な資料を紹介する。

    続きを読む

美術館概要

美術館検索へ戻る