南 桂子 銅版画展-静かな王国

東京都

20世紀後半、日本人女性としては、いちはやく銅版画の可能性を見つけ、パリで制作した南桂子(1911~2004)の展覧会。富山県高岡に生まれ、幼少の頃から絵を描いていた桂子は、戦後東京に出て油彩画を団体展に発表し、さらにパリに渡ると、銅版画家として頭角を現した。
南桂子のモチーフは約40年間、ほとんど変わらなかった。鳥、少女、一本の木。自分の足でひとり立ち、或いはたたずみ、透明感に満ちた世界にいる。絵の中には孤独と、それをくぐりぬけた幸福が、穏やかに調和しているかのようである。銅版画の肌合いは、その静かな世界を表現するのにふさわしく、やさしさ、さびしさ、あこがれ、希望が、淡い色彩として光の粒子のようにちりばめられている。
本展では、南桂子の約45点、浜口陽三による約10点の銅版画を紹介する。

開催概要