収蔵作品展 サクラ×佐倉

千葉県

佐倉市は北総台地の中央部に位置し、北部には印旛沼が広がっている。印旛沼は戦後になるまで橋梁はなく、昭和38年(1963)に舟戸大橋が架けられるまで渡し船が運行していた。一方、京成電鉄は都営地下鉄浅草線との相互乗り入れを開始し、国鉄総武本線は東京駅までの直通運転を行っていた。こうした中で住宅地の開発が進み、街の風景は大きく変わっていった。
本展では、うつりゆく佐倉の写真と佐倉に移住した作家たちの作品を中心に紹介。また3月下旬から「佐倉フラワーフェスタ」が始まることもあり、ひと足早く桜をテーマとした作品のコーナー展示も併設する。

開催概要