来し方行く末 道南美術のクロニクル

北海道

本展は同館所蔵作品を中心に、江戸期から現代にいたる道南美術の歴史をふりかえるものである。異色の日本画家・小玉貞良、蠣崎波響ら近世絵画の魅力、明治期美術教育に尽力した北條玉洞とその系譜、道内最古の公募団体・赤光社を中心とした道南画壇の歩み、道南美術と戦争、道南ゆかりの現代作家たちの活躍など、多彩なトピックにより紹介する。

開催概要