レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

東京都

19世紀末ウィーンを代表する画家エゴン・シーレ(1890~1918)は、28年という短い生涯のなかで数多くの作品を残し、独自の表現を追求した。本展では、ウィーンのレオポルド美術館の所蔵品を中心に、シーレの初期から晩年までの絵画、素描のほか、ウィーン世紀末の芸術家たちの作品を紹介し、画家の生涯とその作品、同時代の芸術の諸相を展観する。

開催概要