そっとひらいてみれば

栃木県

人を迎える空間を彩る「屏風」。1人または少人数で読む「本」。大きさも、描かれる方法も、見る人との距離も対照的な一方で、「ひらくと絵が現れる」という共通点がある。
本展では、「屏風」と「本」という2つの形式を比べながら、それぞれの魅力を紹介。たとえば同じような主題を、屏風と本ではどのように描いたかを実際の作品で比較する。見る人はどのように鑑賞したか、生活の中でどのように親しんだかを、絵の中に描かれた屏風や、本に押された印・書き込み・汚れなどの痕跡から具体的に紹介する。
また、前期・後期で作品を大きく入れ替え、それぞれテーマに沿って構成。季節感豊かな「屏風」の華やかさ、物語の世界や未知の外国へと私たちを案内する「本」の知的な面白さを、親しみやすい解説と共に楽しめる。
これまで実際に親しまれた作品を中心に構成し、初公開作品も多く紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要