川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり(滋賀展)

滋賀県

写真家、川内倫子は1972 年に滋賀県で生まれ、2001 年のデビュー以降、今日まで精力的に活動してきた。柔らかい光をはらんだ独特の淡い色調を特徴とし、人間や動物、あらゆる生命がもつ神秘や輝き、儚さ、力強さが写された川内の作品は、国内外で高く評価されている。


本展では、川内がこれまで発表したシリーズを織り交ぜつつ、地球との繋がりをテーマとする新しいシリーズの「M/E」に、コロナ禍における日常を撮影した新作群を加えて紹介。また、企画展の開催に合わせて、2023年1月11日~5月7日の期間、展示室2でも川内倫子の特集展示を開催する。

開催概要