館蔵品展「万葉コレクション展―大和の古寺と風景―」

奈良県

奈良県立万葉文化館では館蔵品展「万葉コレクション展―大和の古寺と風景―」を開催する。同館館蔵品は、現代を代表する日本画家が『万葉集』に詠まれた和歌を題材として描いた「万葉日本画」154点からスタートしたが、その後多くの寄贈を受け、その規模を拡張してきた。本展では、収蔵作品のなかでも風景画、特に大和の古寺や明日香の風景など奈良の情景を描いた作品を中心に展覧する。
日本画では、井上稔の楚々とした趣深い作品、烏頭尾精の澄んだ色彩で明日香を鳥瞰する作品、岡橋萬帆の複雑な色彩の重なりで古代大和の風景を心象的に描き出した作品等を中心に紹介。また、洋画では内藤定昭の油画や金森良泰のフレスコ画などもある。
同館には絵画制作にあたっての素描や下絵も多数収蔵されている。日本画と洋画の素材の比較や、作品の制作過程などに触れながら、万葉文化館の豊かなコレクションを堪能できる展覧会。

開催概要