佐伯祐三 自画像としての風景

東京都

大阪、東京、パリ。3つの街で、画家としての短い生涯を燃焼し尽くした画家、佐伯祐三(1898~1928)。2023年に生誕125年を迎える佐伯の生涯は、多くのドラマと伝説に彩られている。彼が生み出した作品群は今なお強い輝きを放っている。
1898年に大阪で生まれた佐伯祐三は、25歳で東京美術学校を卒業し、その年のうちにパリに向かう。作品を見せたフォーヴィスムの画家ヴラマンクから、「このアカデミック!」と怒声を浴びたことが、佐伯を覚醒させた。2年間の最初のパリ滞在中に、ユトリロやゴッホらからも影響を受け、佐伯の作品は大きな変貌を遂げていく。1年半の一時帰国を経て、再渡欧したのは1927年のこと。このとき佐伯は29歳になっていた。パリに戻った佐伯は、何かに憑かれたかのように猛烈な勢いで制作を続けたが、結核が悪化して精神的にも追い詰められ、1年後にパリ郊外の病院で亡くなった。
佐伯にとってパリは特別な街であった。重厚な石造りの街並み、ポスターが貼られた建物の壁、プラタナスの並木道、カフェ、教会、さらには公衆便所までが、傑作を生み出す契機となった。また、多くの画家たちや作品と出会い、強い刺激を受けたのもパリでのことである。一方で、生誕の地・大阪、学生時代と一時帰国時代を過ごした東京も、佐伯芸術を育んだ重要な街だった。本展では3つの街での佐伯の足跡を追いながら、独創的な佐伯芸術が生成する過程を検証する。

開催概要