「バンクシーって誰? 展」(福岡展)

福岡県

“壁に絵を描く”という行為に、人類は先史以来、魅了されてきた。学校の教科書で目にする洞窟壁画はアートの始まりであり、祖先の高い表現能力を示す芸術である。その痕跡は、数万年前のものとは思えないほど自由そのものだ。
そのような絵をハッと思い出させてくれるのが、現代のストリートで表現を続けるアート界の異端児“バンクシー” 。2018年に、少女と赤い風船を描いた作品が高額落札されるや、額に仕込まれたシュレッダーで突如細断。瞬く間に世界中で報道され、話題をさらった。日本では、バンクシー作品と思われるネズミの絵が発見されると、大手メディアやSNSで拡散、認知度が上がった。しかし創作活動の全貌や動機など、その真相が分かる者は依然少なく、謎に包まれた存在だ。


本展は、世界各都市を巡回し人気を博した「ジ・アート・オブ・バンクシー展」の傑作群を、日本オリジナルの切り口で紹介する意欲的な展覧会。プライベート・コレクター秘蔵のオリジナル作品の展示に加え、活動の主戦場である“ストリート” に焦点を当て、テレビ局ならではの街並み再現展示で没入空間を体感。 ―― それはまるで“映画のセット”。


ストリート・アーティストの先人であり、現代アートの巨匠でもあるヘリングやバスキアの次世代として、いま世界で最も注目を集める時代の先駆者“バンクシー”。その活動の意味を、幅広い世代に楽しく理解していただける貴重な機会となるだろう。

開催概要