面構(つらがまえ) 片岡球子展 たちむかう絵画

神奈川県

片岡球子(1905~2008)は、北海道札幌市生まれ。1926(大正9)年女子美術専門学校日本画科高等科を卒業後、神奈川県横浜市の大岡尋常高等小学校(現横浜市立大岡小学校)に勤めながら創作を続けた。日本美術院の再興第17回院展に25歳で初入選、のちに同人へと推挙され日本画家としての地位を確立。1955(昭和30)年に小学校を退職し、母校女子美術大学日本画科にて教鞭をとり、1966(昭和41)年愛知県立芸術大学開校を機に同校の日本画科主任教授となった。1989(平成元)年、文化勲章を受章。


再興第51回院展より開始した「面構」シリーズは、1966年から2004(平成16)年までの38年間で44点を出品、片岡球子のライフワークとなった。『面構は顔だけを描いているだけではなく、その人間が現代に生きていたらどんな風に役立つかなどと、思いながら描いています。』片岡球子の言葉にあるように、「面構」は単に歴史上の人物の肖像ではない。人間の「魂」を描きたいと考えた片岡球子が取り組み続けた作品である。綿密に取材・推敲を重ね確信をもって血肉のある人間に仕立てあげている。
本展は、迫力ある「面構」シリーズ42点と初公開の小下図、「面構」の出発点から最後の再興院展出品作までを展示する初の展覧会。片岡球子が生涯をかけて挑んだ「面構」―――「たちむかう絵画」から、日本画の持つ力と新たな可能性を感じてほしい。

開催概要