リアル(写実)のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと(新潟展)

新潟県

明治以降の日本絵画・彫刻・工芸における〈写実〉表現は現代の作家たちにどのように継承・再考されてきたのだろうか。松本喜三郎や安本亀八による生人形(いきにんぎょう)、高橋由一、高村光雲から現代の自在工芸、七搦綾乃や小谷元彦の新作、さらには義手の表現に至るまで、日本古来の伝統の伏流を探りながら展望する。
※会期中展示替えあり

開催概要