明治維新─それは日本に新しい変化をもたらした 東京・横浜焼

愛知県

横浜開港の後、東京や横浜に新興の窯業産地が誕生する。東京や横浜へ土を運び、輸出向けに生産する者も現れた。明治3年(1870)、高浮彫で知られる宮川香山が京都から横浜へ移り、翌年に開窯。瀬戸の井上良齋も同8年(1875)、隅田川沿いに築窯してユニークな隅田焼をつくった。また、東京の成瀬誠志や三彌舎、横浜の保土田商店や服部などが薩摩焼をつくり、活躍した。政府は明治5年(1872)、東京に博覧会事務局附属磁器製造所を設立し、他産地から素地を取り寄せて上絵付を行った。これが東京錦窯で、河原徳立が引継ぎ瓢池園を設立、東京絵付の中心となった。井村彦次郎も同8年(1875)頃、横浜に上絵付工場を建てて横浜港から輸出したのが先駆けとなり、横浜でも貿易港の利点を活かして上絵付業が発展した。本展ではその名品を紹介する。

開催概要