特別展 教えて!兵庫陶芸美術館―収集と展示のQ&A―

兵庫県

兵庫陶芸美術館は、2005年に丹波焼の里、現在の兵庫県丹波篠山市に開館した。コレクションの基礎となったのは、全但バス株式会社社長の田中寛氏(1904~1981)が収集した、丹波焼をはじめとする兵庫県内で作られた古陶磁。さらに、開館以降も県内産地の特徴を示す陶磁器や、国内外の現代陶芸などをコレクションの柱として、収集を続けている。また、開館から現在まで、やきものを専門に扱う美術館として、収蔵品を活用した企画展や、国内外の陶芸や工芸を紹介する巡回展など年間4つの特別展と、数本のテーマ展を開催し、陶芸文化の魅力を発信してきた。
古来、やきものは、人々の暮らしやその土地の風土、芸術と関わりながら多様な発展を遂げてきた。北は日本海、南は瀬戸内海に面する広大な県域を持つ兵庫県でも、旧五国の特徴を生かした、多くのやきもの産地が生まれた。さらに、近代以降には、これまで産業として発展してきたやきもの世界に、個を表現した“芸術としての陶芸”も生まれた。
本展では、県内産地のやきものや、作家によって作られた現代の陶芸作品など、同館の特色あるコレクションと併せて、収集や展示活動の軌跡、やきものならではの美術館展示についても紹介。やきもの専門の美術館「兵庫陶芸美術館」の魅力を感じてほしい。

開催概要