中川八郎没後100年 発見された日本の風景

愛媛県

今年は明治最後の年である1912年から110年後にあたる。本展では、西洋諸国との関りから、日本全体が大きく変容し、また自らの意識も外に向かっていくこの時代の日本の風景を、画家のまなざしがどの様にとらえたのか、ひとりのコレクターが海外で収集した200点を超える水彩画や油彩画によって紹介する。 これらの中には、内子町出身の洋画家、中川八郎(1877~1922)の初期代表作《雪林帰牧》をはじめとした13点の作品が含まれている。没後100年の節目に、本展にあわせて同館の中川作品もコレクション展にて一挙公開し、改めてその魅力を展覧。 時代という逆らえないうねりの中で、画家たちが発見した風景は、目新しいものではなく、そこあった日常の暮らしでした。それらは、コロナ禍において、改めてこれまでの暮らしを見つめ直している私たちの「いま」に重なるものもあるのではないだろうか。

開催概要