式年造替記念特別展 春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

NEW
奈良県

令和4年(2022)10月、春日大社の摂社、若宮神社の本殿(重要文化財)の御造替が完了。御造替とは、社殿を造り替え、神宝や調度品などを新調する事業で、古来、20年に一度を式年として行われてきた。本展はこの大事業の完成を記念して開催する特別展である。
春日若宮神は、春日大社本社本殿に祀られる四神の御子神として、長保5年(1003)3月3日巳刻に誕生したと伝えられている。御名を天押雲根命、あるいは五所王子(五番目の神の意)といい、水徳の神、五穀豊穣の神、さらには学問の神として広く信仰されてきた。毎年12月に行われる「春日若宮祭」は、大和一国を挙げた盛大な祭礼として全国にも知られ、保延2年(1136)の開始以来、およそ900年近い伝統を誇るものである。


本展では、藤原摂関家をはじめ平安貴族が若宮神に奉納した太刀や弓、飾り物など、当時最高峰の技術を集めた工芸品から、壮麗な王朝文化の世界を感じてもらい、また古来の祭礼や神事芸能の数々を紹介する。さらに、過去、現在の御造替にかかわる器物や歴史資料を通して、これを支えた人々の熱意と努力の軌跡をふり返る。本展が、日本文化の奥深さと素晴らしさを再確認できる機会となるだろう。
※会期中展示替え、場面替えあり

開催概要