【特別展】日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

東京都

四季折々の豊かな自然に恵まれた日本。人々はその姿をさまざまに表現してきた。本展では日本の風景や自然を題材にした作品に焦点をあて、江戸時代から現代までの画家たちが描いた優品を紹介する。
日本の風景は古くから美術の題材として描き継がれてきた。とくに19世紀、江戸後期には、街道が整備され人々の旅に対する意識が増し、日本各地の宿場や名所を捉えた歌川広重の浮世絵風景画が高い人気を得る。明治に入ると、西洋の写実的な風景画が日本にもたらされたことや、日本各地の風土への関心が高まった風潮により、目の前に広がる身近な自然が描かれはじめた。さらに昭和の戦後には、抽象的な表現や画家の心に刻まれた景色も風景画に取り入れられるようになり、日本の風景の描かれ方が多様化していった。
本展では、宿場や名所を中心に抒情豊かな風景を表した歌川広重の《東海道五拾三次》や《近江八景》、自然とともに日常を営む人々を取材した川合玉堂の《早乙女》、送電塔の立つ農村風景という現代的な情景を描き出した田渕俊夫の《輪中の村》などを紹介。風景画の名手たちが描いた数々の優品とともに、日本の風景の魅力が堪能できる。
※会期中展示替えあり

開催概要