開館35周年記念特別展 戸栗美術館名品展Ⅱ―中国陶磁―

東京都

「中国の陶磁は世界の宝物。なかでも官窯のきれいなものがいい」。同館創設者・戸栗亨(1926~2007)は伊万里焼や鍋島焼などの日本の磁器を数多く蒐集したが、冒頭の言葉にあらわれているように中国陶磁にも高い関心を持ち、優品の取得に尽力した。
景徳鎮官窯の作例の中でも、とりわけ愛好していたのが青花である。青花とは、コバルト顔料による釉下彩の技法。元時代後期にあたる14世紀に景徳鎮窯で確立され、明時代前期に開始される官窯でも受け継がれた。美しい白地に映える清廉な青色、端正な筆致、時代の趣を反映した雄渾さや優美さを備えた文様構成など、完成された姿に感じ入るところがあったのだろう。
本展では、館蔵の明時代前期の景徳鎮官窯の青花をはじめとした中国陶磁約80点を、15年振りに一挙公開する。戸栗の審美眼によって精選されたコレクションが楽しめる。

開催概要