特別展 画家 岸田劉生の軌跡展-油彩画・装丁画・水彩画などを中心に-

秋田県

岸田劉生(1891~1929)は、日本近代洋画を代表する画家のひとりである。はじめ白馬会の洋画研究所で黒田清輝に師事し、その後、文芸雑誌『白樺』で後期印象派の作品と出会い、セザンヌやゴッホらの影響を受けた作品を制作。娘・麗子が生まれてからは、愛情を込めて数多くの麗子像を描いた。この頃から、精緻な写実を追求し物や人物の存在を深く見つめる「内なる美」の探究へと進む。また、中国の宋元画や南画、浮世絵など東洋的な美に惹かれ、それをみずからの芸術にも反映させようと取り組んだ。
本展では、笠間日動美術館のコレクションを中心に、油彩画、水彩画、墨画、素描、装丁画などを展観。38年という短い生涯において、多彩な芸術表現を展開した画家・岸田劉生の軌跡を、その作品から辿る。

開催概要