特別展「ビアズリーの系譜 アールヌーヴォー、日本の近代画家たち」(山口展)

山口県

19世紀末美術に特異な位置を占める画家オーブリー・ビアズリーに注目し、代表作『サロメ』を中心に、耽美的な魅力を紹介する。また、アールヌーヴォーなど同時代の美術と、西洋美術の受容期にあった日本の画家たちの作品・資料から、近代美術史のもう一つの側面を読み解く。ビアズリーによる作品・資料約25点、総作品点数約200点を展示する。
※会期中展示替えあり

開催概要