南画×近代(Modern-Age):大正~昭和初期を中心として

富山県

南画とは、古今東西の画派の要素を採り入れながら生まれ、江戸後期から明治初期にかけて流行した日本独自の絵画である。池大雅や与謝蕪村らの名が知られる南画は、本来、反権威的で柔軟な性格であった。しかし、形式主義にとらわれた「つくね芋山水」と批難されるなかで明治半ばには衰退したものとして、日本の近代美術史ではあまり重要視されてこなかった経緯がある。
ところが、大正期には西洋美術の新思潮「ポスト印象主義」以降の動向が日本画家たちにも影響を与え、南画に再び注目が集まる。洋画から日本画に転じた画家たちなども含め、画派を超えた自由な精神と表現性が見られる新時代の絵画は「新南画」と呼ばれた。
本展ではいくつかの観点から近代の南画を再考し、近代日本美術史のもうひとつの姿を探る。
※会期中展示替えあり

開催概要