西洋美術へのまなざし―開館40周年を記念して

三重県

1982年に開館した三重県立美術館は今年、40周年を迎えた。これまでに収集してきた作品は6千点以上に上る。その中には、国内では珍しいムリーリョの油彩画をはじめ、ゴヤやモネ、ルノワール、ピカソ、ダリ、ミロなど西洋美術の名だたる巨匠たちの作品が含まれ、西洋美術はコレクションの重要な柱の一つとなっている。また、開館記念に開催されたサンパウロ美術館展をはじめ、西洋美術をテーマにした様々な展覧会を開催してきた。
本展では、同館の西洋美術コレクションから約90点を公開。また、過去に開催した西洋美術に関連する企画展を当時のチラシやポスター、そして会場の記録写真などで振り返り、三重県立美術館と西洋美術のかかわりを紹介する。
さらに、2022年は三重県とスペイン・バレンシア州の姉妹都提携30周年の年にもあたる。この姉妹提携を契機に、美術館の収集方針には「スペイン美術」が加えられた。本展の一室ではこれを機に収集されたスペイン現代作家たちの作品を展示。展示空間に広がり、鑑賞者を引き込むミケル・ナバーロの《歩哨都市》をはじめ、個性豊かな作品が楽しめる。

開催概要