ビーズ ―つなぐ かざる みせる 国立民族学博物館コレクション

東京都

ビーズは、さまざまな部材に穴を開け、糸などでつないだ人類最古の装飾品のひとつである。その素材は土、石、ガラスと多様であり、各材質を生かした仮面、衣装、装飾品、人形が世界各地でつくられた。
本展は、国立民族学博物館所蔵の資料を中心に古今東西のビーズが大集合する。美しく、時に力強い魅力を放つビーズをとおし、世界の環境、文化、歴史の違いと多様性を理解する機会となるだろう。一粒から無限に広がるビーズの世界を堪能できる展覧会だ。

開催概要