ブラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉−日本と韓国のいま

千葉県

「ブラチスラバ世界絵本原画展」(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は、スロバキア共和国の首都ブラチスラバで2年ごとに開催される、世界最大規模の絵本原画コンクール。本展では、2021年10月から翌年2月にかけて現地で開催されたBIB 2021(第28回展)への参加国の中から、近年の活躍がめざましいアジア諸国に焦点をあて、中でも隣り合う二つの国、日本と韓国の絵本のいまを紹介する。第1回展より参加する日本は、数多くの作品を送り届け、受賞作家を輩出してきた。そして、近年の韓国の作品は、絵本の可能性を押し拡げるような多様さを持ち、世界から注目を集めている。
会場では、BIB 2021に参加した日本と韓国の作家による全出品原画作品と絵本を展示するほか、絵本が生み出され読者に届くまでの背景を取材した特集展示、グランプリ他各賞受賞作家の作品をパネルと絵本により紹介する。

開催概要