企画展「鷹狩」

愛知県

鷹狩は飼い馴らした鷹を用いて獲物を捕らえる狩りで、日本でも古代から江戸時代にかけて、天皇や貴族、武士の間で好んで行われた。鷹狩は鷹〈を〉狩るのではなく、鷹〈で〉狩る点においても他の「狩り」とは異なる側面を持つ。鷹や捕えた鳥は献上・拝領の対象となるなど儀礼的な側面がある他、鷹狩を行うための鷹を育てる技術や鷹場(たかば)などの支配も欠かせない要素のひとつである。
本展では、鷹狩に関わる人々や場にも焦点を当てつつ、鷹狩の世界を紐解く。
また、11月19日~11月27日の期間に「国宝 源氏物語絵巻〈蓬生・柏木 二〉」特別公開も実施。

開催概要