特別展「歌川広重 東海道五拾三次」

宮崎県

日本を代表する浮世絵師、歌川広重(1797~1858)。
彼は生涯に20以上もの東海道をテーマとした作品を生み出したと言われている。本展では、代表作である保永堂版「東海道五拾三次之内」と、現存数が少なく幻と称される丸清版「東海道五十三次」を同時に展示。同じ宿場町を描きながらも構図や色彩、季節、天候など全く異なる2つの版。これらを比較しながら、広重の表現力の豊かさをじっくり楽しめる。また、都城にゆかりの深い画家が描いた東海道周辺の光景や地元に伝わる伊勢講の資料など、旅に関する作品もあわせて紹介する。

開催概要