特別展 生誕150年記念 板谷波山の陶芸 ― 近代陶芸の巨匠、その麗しき作品と生涯

東京都

近代陶芸の巨匠 板谷波山(本名・板谷嘉七)は、令和4年3月3日、生誕150年を迎えた。
明治5年(1872)茨城県下館町(現・筑西市)に生まれた波山(~1963)は、明治22年東京美術学校(現・東京藝術大学)彫刻科に入学、岡倉天心や高村光雲に師事した。明治36年には東京・田端の地に移り、陶芸家「波山」として数々の名作を生みだす。昭和9年(1934)帝室技芸員に任命され、昭和28年には陶芸家初の文化勲章を受章した。
波山は、理想の作品づくりのためには一切の妥協を許さず、端正で格調高い作品を数多く手がけた。代表作の一つ、重要文化財 《葆光彩磁珍果文花瓶》は、大正6年(1917)波山芸術を愛した住友春翠によって購入され、泉屋博古館東京に継承されている。
この記念すべき年に、選りすぐりの名作と共に、波山が愛した故郷への思いや人となりを示す貴重な資料、試行錯誤の末に破却された陶片の数々を通して、「陶聖」波山の様々な姿を紹介する。波山の作品に表現された美と祈りの世界に癒され、彼の優しさとユーモアにあふれた人生に触れるひと時が楽しめる。

開催概要