特別展 将軍家の襖絵 屏風絵でよみがえる室町の華

東京都

現代日本文化の原点というべき室町時代(1336~1573)の文化。その中心に位置するのは、京都の室町幕府、足利将軍邸である。そんな将軍邸を構成する建築の中でとくに重要なのが、人々が集った会所と呼ばれる建物だ。会所の襖は、当代を代表する画家の絵によって飾られていたが、すべて失われ、現在、目にすることはできない。しかし、残された文献から、どのような画題の絵が描かれていたかを知ることができる。また、襖絵と画面の規模と形式が近い屏風絵によって、復元的に想像することも可能だ。
本展は、足利将軍邸の会所襖絵における典型的な画題を選び、室町後期から江戸時代に制作された屏風絵を集め、一堂に展示することによって、〈将軍家の襖絵〉の世界をよみがえらせるものである。
※会期中展示替えあり

開催概要