パリに生きた画家たち マルケ、ユトリロ、佐伯祐三、荻須高徳が見た風景

愛知県

公式サイト

パリを愛し、パリを描き続けた画家たち、アルベール・マルケ(1875~1947)、モーリス・ユトリロ(1883~1955)、佐伯祐三(1898~1928)、荻須高徳(1901~1986)。
パリやその近郊は、マルケ、ユトリロにとっては慣れ親しんだ愛着のある街、佐伯、荻須にとっては、「絵を描こうとする喜びをよびさます」憧れの街で、尽きることのない創造の源泉であった。 
本展は、愛知県美術館、稲沢市荻須記念美術館、名古屋市美術館、BBプラザ美術館、ポーラ美術館、四日市市立博物館、個人御所蔵家の所蔵作品に、ヤマザキマザック美術館所蔵のマルケ《パリ、ルーヴル河岸》、ユトリロ《サノワの風車》、《マルカデ通り》、フランス美術の収集によってヤマザキマザック美術館の礎を築いた初代館長である山崎照幸(ヤマザキマザック株式会社・前会長)の旧蔵品である荻須高徳《風景》を合わせ、マルケ作品7点、ユトリロ作品10点、佐伯作品8点、荻須作品27点、合わせて52点の作品を紹介する。
19世紀フランスの邸宅を思わせる当館の展示室に20世紀初頭から1970年代にいたるまでのパリやその近郊を描いた作品を展示。4人の画家たちそれぞれの作品の魅力を堪能できるのはもちろんのこと、1人の画家が時を違えて同じ場所を描いた2点の作品の表現の違い、異なる画家が同じ場所を描いた作風の違いも楽しめる。
また、荻須が山崎照幸夫妻に送った書状も併せて展示し、画家とコレクターの交流の一端も紹介する。

開催概要