「鎌倉殿」と武将たち―浮世絵版画・浅井コレクションの名品 歌川国芳から月岡芳年まで

静岡県

公式サイト

「鎌倉殿」とは鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝であり、ひいては鎌倉幕府や同幕府の将軍を指す。現在、テレビドラマで注目される「鎌倉殿」の時代を、浮世絵版画でたどる展覧会だ。
本展を構成する浅井コレクションは、大阪の古書店主・浅井勇助が収集した浮世絵版画からなる。3万余枚もの収集品から厳選した約100点を展示する。出品作は、歌川国芳や月岡芳年ら武者絵を得意とした絵師たちによるもので、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての歴史や伝説を、華麗な色彩と大胆な構図で臨場感豊かに描き出している。
源頼朝の平家討伐、牛若丸と弁慶の出会い、源義経と静御前の悲恋、北条家の三つ鱗紋誕生話など、激動の時代の名場面を、頼朝旗挙げの地で楽しめる。

開催概要