闇と光 ―清親・安治・柳村

東京都

今から約150年前の明治9年(1876)、小林清親(1847~1915)は、西洋からもたらされた油彩画や石版画、写真などの表現を、木版画である浮世絵に取り込むことによって、これまでにはない東京の風景を描いた。真っ暗な夜の街に輝くガス灯の光や、鮮やかな赤い色に染まった夕焼けの空など、光や影のうつろいを巧みに捉えた清親の「光線画」は大いに流行し、井上安治(1864~1889)や小倉柳村(生没年不明)といった絵師たちも後に続く。光線画の流行はわずか5年ほどという短い期間で去りますが、木版画の新しい可能性を切り開くものであった。近年注目される、大正から昭和の「新版画」の先駆けとも位置付けられるべきだろう。


本展では、小林清親を中心に、これまで紹介される機会の少なかった井上安治と小倉柳村が描いた光線画、約200点を展示する。木版画だからこそ味わい深い、闇の色、光の色を楽しめる。
※会期中展示替えあり(前期と後期で全点展示替え)

開催概要