特別展「毒」

東京都

公式サイト

「毒」は基本的にヒトを含む生物に害を与える物質として理解されている。しかし、毒のなかには単に毒にとどまらず、薬効をもつものもあるのだ。「生物に何らかの作用を与える物質」のうち、人間にプラスに働くものを薬、マイナスに働くものを毒と呼んで、多様で複雑な自然界を理解し、利用するために人間が作り出した概念と考えることができる。人体に有用なものでも、摂りすぎると毒になることがある。また、アレルギー反応にみられるように、感受性の高低によっても毒性は異なる。


本展では、動物、植物、菌類、そして鉱物や人工毒など、自然界のあらゆるところに存在する毒について、動物学、植物学、地学、人類学、理工学の各研究分野のスペシャリストが徹底的に掘り下げ、国立科学博物館ならではの視点で解説していく。毒をテーマにした特別展は、国立科学博物館では初めての開催となる。
自然界、そして人間の社会にはさまざまな毒が存在する。毒とそれに関わる生物との関係を知ることは、自然界の神秘と驚きに満ちた一面を知ると共に、現代社会を生きるうえで大きな助けとなるだろう。

開催概要