西宮市大谷記念美術館 開館50周年記念 特別展 Back to 1972 50年前の現代美術へ

兵庫県

「西宮市大谷記念美術館」は1972年11月3日に開館し、今年で開館50周年を迎えた。
まさにその時期から、全国各地に美術館が開館し、多くの人々が美術への渇望を抱き、美術館へと足を運んだ。豊かさの中で美術が求められ、美術鑑賞が日々の暮らしの中に溶け込んでいったのだ。
一方、現代美術もまた、様々な展開をみせていた。美術とは何かを根本的に問い直し、物質そのものよりも観念を重んじる傾向が、1970年代にも続いていく。そしてその作品の主題や制作方法は、敏感に時代を映し出している。
本展では、1972年に制作された主に関西の現代美術作品を、〈「1972年」という時代〉〈「1972京都ビエンナーレ」と関西のアートシーン〉〈具体美術協会の変遷〉〈現代美術の点景〉〈版画の躍進〉の5つのテーマに沿って紹介する。

開催概要