すべて未知の世界へ ― GUTAI 分化と統合

大阪府

具体美術協会(具体)は、1954年、兵庫県の芦屋で結成された美術家集団。画家の吉原治良(1905~1972)を中核に据えたこの集団は、絵画をはじめとする多様な造形実践をとおして、「われわれの精神が自由であるという証を具体的に提示」しようとした。吉原による指導のもと、会員たちがそれぞれの独創を模索した18年の軌跡は、いまや国内外で大きな注目を集め、戦後日本美術のひとつの原点として、なかば神話化されるに至っている。
本展は、そんな具体の歩みを、「分化」と「統合」という二つの視点からとらえなおす試みである。誰の真似にも陥らず、互いに異質であろうとしながら、あくまで一個の集団としてまとまろうとするその姿勢は、吉原の考える美術のあるべき姿、つまり「人間精神と物質とが対立したまま、握手」している状態とも、重なりあうものだと言えるだろう。
大阪中之島美術館と国立国際美術館、ふたつの会場によって構成される本展は、具体の活動拠点である「グタイピナコテカ」が建設された地、大阪の中之島で開催される初の大規模な具体展となる。大阪中之島美術館で具体を「分化」させ、それぞれの独創の内実に迫りつつ、国立国際美術館では具体を「統合」し、集団全体の、うねりを伴う模索の軌跡を追う。

開催概要