開館25周年記念展Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

茨城県

齋藤隆三(1875~1961)は茨城県守谷市出身の歴史家で、郷土・守谷では“博士”の愛称で親しまれている。近世史の研究者であった齋藤は数多くの著作を手がける傍ら、五浦を拠点としていた岡倉天心や横山大観、菱田春草らと交流し、彼らの活動を支援。とくに天心の創始した日本美術院の再興をはかるべく、大正3年(1914)には発起人の一人となり、その後、半世紀近く大観らとともに再興日本美術院の経営に携わった。
本展は、そのような再興日本美術院の立役者である齋藤にスポットを当て近代日本美術史を改めて振り返る全国初の展覧会。初公開を含む齋藤旧蔵品を中心に、齋藤と交流のあった大観や小川芋銭、そして再興日本美術院の歴史を彩った作品を紹介しながら、その歩みをたどる。そのほか、歴史家としての業績や、齋藤の愛した水戸ゆかりの近世絵画等、県ゆかりの古美術との関連についてもあわせて紹介する。

開催概要