くらし、えがく。ちひろのアトリエ

東京都

いわさきちひろが22年間を過ごした練馬の自宅の跡地に建つちひろ美術館・東京には、今から50年前の、1972年当時のアトリエのようすが復元されている。画机や本棚などの愛用の品々が遺されたアトリエからは、時を経た今も、ちひろの人物像を偲ぶことができる。
本展では、家庭も仕事も大切にしたちひろの生き方を、折々の作品やちひろのことば、写真や資料などを通して紹介する。

開催概要