国立新美術館所蔵資料に見る1970年代の美術—— Do it! わたしの日常が美術になる

東京都
国立新美術館 ANZAÏフォトアーカイブ 1970-1979年 ©Estate of Shigeo Anzai

1960年代後半以降、新たに生まれた芸術の動向は、写真や映像、印刷物や郵便による通信、イヴェントやパフォーマンスなどにより、多様化していった。その背景には、1964年の東京オリンピック、1970年の日本万国博覧会(大阪万博)を経て、日本社会が高度経済成長を遂げ、物質的な豊かさを取り戻すとともに、映画、テレビをはじめとするマスメディアの変遷を経験したことが挙げられる。同時に、二度にわたる安保闘争や公害問題などにより、社会の矛盾や既成の共同幻想の虚構性があらわになり始めた時代でもあった。
本展では、国立新美術館の主要資料である安齊重男(1939~2020)による写真をガイドラインに、同館のアーカイブに所蔵されている美術関連資料を紹介。展覧会が終われば解体されるその場限りの作品やパフォーマンスなどの表現を追い、安齊は作家たちの伴走者としてシャッターを切った。その記録は、当時を窺い知ることのできる証言として解釈され、流通し続けている。また、当時の若手作家たちは身体や身近な素材を用い、それをコピー(ゼロックス)やビデオなど自主的に複製できるメディアで記録するという、簡易な形式で多くの作品を残した。
本展では安齊がとらえた70年代の美術動向を通奏低音としながら、当時の作家たちの制作意識や発表方法の広がりといった点に着目することで、現在に通じる資料の読みの可能性を探る。

開催概要