夢二をとりまく人間関係  ―交流から生まれた美と言の葉―

東京都

大正ロマンを象徴する画家・竹久夢二(1884~1934)の人間関係に眼を向けると、夢二と同時代に活躍した人々との交流が浮かび上がり、大正文化に彩りを添えた。
本展では夢二と関わった文学者、画家、音楽家、出版人及び恋人を紹介し、各人ゆかりの作品や資料展示を通じて、夢二の交流から生じた美と言葉をクローズアップする。あわせてこれらの人々が知るエピソードから、夢二の素顔に迫る。

開催概要