ダリ版画展 奇才?天才? その知られざる世界

新潟県

シュルレアリスムを代表する画家として知られるサルバドール・ダリ(1904~1989)。自らを天才と称したダリは、破天荒な言動で話題を呼び、様々なパフォーマンスを芸術の名において実践した。ダリの才能は油絵だけにとどまらず、版画、彫刻、オブジェ、舞台芸術、宝石デザイン、広告、映画、文筆と幅広い分野に及び、その大胆かつ奇抜な創造性は見るものを圧倒した。中でも、50代後半から本格的に取り組んだ版画に対する彼の愛好と造詣は深く、生涯に1600点以上もの版画作品を残している。「やわらかい時計」「変形した肉体」など、ダリ特有のイメージが継承される一方で、エッチングから描き出す柔らかな線描や卓抜したデッサン力からは、ダリの繊細な感性を垣間見ることができる。
本展では、1960年代から70年代に精力的に制作した版画を中心に、晩年までの作品約200点を展示。圧倒的な素描力と洞察力をもって制作された作品群を通して、20世紀最大の奇才といわれるダリの真髄に迫る。

開催概要